ユニバーサルデザイン

ユニバーサルデザイン

ユニバーサルデザインへの取り組み

ユニバーサルデザインへの取り組み

「できるだけ多くの人が利用可能であるようなデザインにすること」が基本概念となっているユニバーサルデザインですが、これは印刷メディアにおいても同様です。

高齢化社会にあって太洋社印刷所ではユニバーサルデザインの考え方を積極的に取り入れ、書体・空間・色などを考慮した「伝えたい情報ができるだけ多くの人に正しく伝わる」印刷メディアの制作に取り組んでいます。



事例紹介

事例紹介

当社のユニバーサルデザインへ取り組みの実績として、第2回 メディア・ユニバーサルデザイン コンペティション(埼玉県印刷工業組合主催)にて、埼玉県知事賞を受賞することができました。

埼玉県知事賞受賞作品

受賞作品名:おいしい彩の国★発見! レシピCARD ?おやこで たのしく まなぶ 地産地消?

この「おいしい彩の国★発見! レシピCARD」は、身近な料理を通して、埼玉の特産品を、そしてその素晴らしさを皆様に知っていただくと共に、地産地消により埼玉の産業を応援していこうというツールです。
レシピには、埼玉の特産品を簡単な調理で味わえるメニューを選び、誰でも気軽に試していただけるものを掲載しました。

誰にでもわかりやすい色使いや文字の大きさ・文字間に配慮しつつ、機能性も取り入れています。
複数枚のカードをリングで留める形状にした事で、めくりやすく使い勝手の良いものに仕上げました。
また、調理をする際に、手元に置いても邪魔にならない大きさにしています。
さらに高齢者などの視覚弱者のために、レシピを読み上げる音声コードを用意しました。

カード裏面は埼玉の特産品を紹介するものです。
「親子で会話を楽しみながら埼玉の特産品や地産地消を学んで欲しい。埼玉をもっと好きになって欲しい。」という想いを込めています。
食材のキャラクター化、文字を大きく平仮名を多く使用する事により、子どもたちも興味をもって学習できるコンテンツとデザインで構成しています。