CSR(環境・エコ活動・地域貢献)

CSR(環境・エコ活動・地域貢献)

次世代育成支援対策推進法『行動計画』

次世代育成支援対策推進法『行動計画』

社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境を作ることによって、すべての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

計画期間 平成29年4月1日~平成31年3月31日までの3年間
内容 子育てを行う労働者等の職業生活と家庭生活との両立を支援するための雇用環境の整備

目標1

社員に、改正育児・介護休業法に基づく育児休業等、雇用保険法に基づく育児休業給付、労働基準法に基づく産前産後休業制度の周知、育児休業中における待遇および育児休業後の労働条件に関する事項についての周知を行う。

<対策>

  • 平成29年4月~
    前年度に継続して、パンフレットを配布し内容の周知を行う。また、規程の整備を行い、育児休業中の待遇及び労働条件に関する事項について周知を図る。
  • 平成29年4月~
    管理職を対象とした研修を引き続き実施する。
  • 平成29年4月~
    育児休業取得者が働き続けていく上での悩み事について相談に乗り助言するメンターとして継続的に支援する取り組みを行う。

目標2

社員が子供の看護の為の休暇について、時間単位で取得できる等利用しやすい制度の導入を行う。

<対策>

  • 平成29年4月~
    改正育児・介護休業法を周知し、半日単位の看護休暇を時間単位に変更するよう積極的に推進する。

目標3

子供を育てる社員が利用できる措置として、子育てしやすい労働環境を作る為始業・終業時刻の繰り上げ又は繰り下げの制度を実施する。

<対策>

  • 平成29年4月~
    (1)就業規則に明記して、引き続き制度の周知を計る。


    (2)働き方の見直しに資する多様な労働条件の整備。

目標4

年次有給休暇の取得の促進のための措置を実施する。

<対策>

  • 平成29年4月~
    計画的に年次有給休暇を取得させるように、引き続き社員に積極的に働きかける。